ふくらはぎが太くならないランニングの方法とは?

脚痩せのためのランニングで「ふくらはぎが太くならなランニングの方法」というのがあります。

間違ったランニング方法だと、逆にふくらはぎが太くなってしまうこともあるんです。

「ダイエットのために走っていたらふくらはぎが気づいたら太くなっていた」

「脚痩せするためにランニングしていたのに逆に太くなってしまった」

といった悩みを聞くことがあります。

走れば走るだけ痩せて脚が細くなると勘違いしていませんか?

間違ったランニング方法でダイエットを行うと、痩せて細くなるどころか逆にがっしりとした筋肉がふくらはぎにもついて、体が大きくなってしまいます。

そこで今日は、ランニングでふくらはぎが太くなってしまう原因、ふくらはぎが太くならないランニングの方法をご紹介したいと思います。




二の腕って痩せにくくないですか?

ヴィーネルアームシェイパー
なら二の腕痩せも楽チン♪

 

ふくらはぎケアもできるスグレモノです。

Vinelアームシェイパー公式サイトはこちら

どうしてランニングでふくらはぎは太ってしまったの?

筋肉痛がやわらいできたころから細くなる!

さて、どうしてランニングを行うとふくらはぎは太くなってしまうのでしょう?

ひとつは、ランニングを始めると最初は誰もが経験することなのです。

脚の筋肉を使わないでいると、筋肉はどんどんしぼんで小さくなっていき、そこに脂肪がついて太くなります。

その状態でランニングを続けることで、脚の筋肉が成長し大きくなります。

これは使っていなかった筋肉を鍛えているため当然ですね。

ですが細くするためにランニングをしているのなら、「太くなってしまっては意味がない」ですよね。

でも大丈夫です。

筋肉が成長する時に筋肉痛になりますよね。

その筋肉痛がやわらいできた頃に体の代謝が上がり、その後体についている脂肪が燃焼されます。

脚が細くなる工程を簡単にまとめると、

  1. ランニングをする
  2. 徐々に筋肉が付く
  3. 脂肪が燃焼される前に筋肉が付くため太くなったと感じる
  4. 脂肪が燃焼されていく
  5. 脚が細くなる

といった具合で徐々に細くなるということになります。

正しいフォームで走ろう!

そしてふたつめは、走るフォームが間違っている場合です。

間違ったフォームでランニングをし続けると、

本来付くべき場所ではない部分に筋肉がついてしまい、脚が太くなってしまう場合があるのです。

また間違ったフォームは膝や腰を壊してしまう原因にもなり、ランニング自体が行えなくなってしまう可能性の少なくはありません。

正しいフォームで走るように心がけることが大切になります。




ふくらはぎが太くならない正しいランニングの方法

ふくらはぎが太くならないために、まずは正しいフォームを身につけておきましょう。

脚痩せを意識しすぎて下半身ばかりに気をとられるのではなく、注意したいのが上半身の姿勢なのです。

ふくらはぎが太くならないランニングのフォームのポイントは二つあります。

背筋を伸ばし、前かがみにならない

背中を丸めて走ったり、上半身を反りながら走っていると体への負担もかかり、走っていても足全体の筋力を使いにくくなります。

そうすると筋肉の一部だけが発達してしまうので、落としたい部分の脂肪を燃焼させることが難しくなります。

常日頃から椅子に座る時に背筋を伸ばすよう心がけたり、背筋を伸ばして歩くことで、走る時にも自然ときれいなフォームを作ることができるようになります。

腕をしっかりと振って走る

腕をしっかり振って走ると、体のエネルギーを消費しやすくなるほかに、姿勢を正すという役割もあります。

腕を振る時のコツは、後ろに振る時特に意識すること、肩甲骨を動かすことになります。

最初は疲れてしまうかもしれませんが、腕も姿勢と同様正しく振ることで二の腕の脂肪が落ち細くなりますので、ぜひ行ってみてください。

ランニングをする時の準備とコツ

ストレッチは入念に!

どのような運動もそうですが、ランニングを行う前に必ずストレッチを行いましょう。

体を動かす前にストレッチをして、筋肉をリラックスさせることで筋肉の緊張がほぐれ、脂肪も燃焼されやすくなります。

特にランニングの場合は、アキレス腱とふくらはぎの筋をしっかりと伸ばしておきましょう。

1回のランニングは最低でも20分!

そして、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動の場合、すぐに脂肪が燃焼させ始めるのではなく、最初に体内の糖質がエネルギーとして消費されます。

体内の糖質がすべて使われてから、脂肪をエネルギーとして消費していくので、脂肪が燃焼されるのはランニングを始めて15分ほど経ってからになります。

どうしても走っているのがつらい場合は、少しの間歩いても問題ありません。

20分以上運動を続けるということで脂肪が燃焼されるので、1回のランニングは最低でも20分は行うことを心がけましょう。

ランニング後のケアも忘れずに!

ランニング後は筋肉が発達し、硬くなっています。

そのままにしておくと筋肉の凝りや、筋肉痛がひどく長引いてしまうおそれがあります。

ふくらはぎが太くならないために、ランニング後のストレッチとマッサージは入念に行いましょう。

使った筋肉を優しくほぐしてあげるようなイメージで、足首から膝の裏まで加圧してあげましょう。

足首をしっかりと回し、アキレス腱もしっかりとマッサージをしましょう。

ランニング後のこの動作をきちんと行うことで、体への負担が軽減し、筋肉痛なども軽くなるのでおすすめです。

まとめ

さて今回は、

「ランニングするとふくらはぎが太くなってしまう方」

「なぜかふくらはぎが痩せにくい方」

にむけて、

「ふくらはぎが太くならないランニングの仕方」

をご紹介しました。

ふくらはぎを太くしないために、

「正しいフォームで走ること」

「ランニング前後のストレッチは入念に行うこと」

などを意識して走ってみてください。

このことを忘れず意識して走れば、今までなかなか細くならなかったふくらはぎが、細くなるかもしれませんよ。

ぜひ、今日から実践してみてくださいね!

ふくらはぎの脚痩せにはエクスレッグスリマーを!

上の写真は、当ブログの専属モニターのゆりさんが、エクスレッグスリマーを毎晩履いて寝て、1ヶ月経ってからのビフォーアフター写真です。

エクスレッグスリマーは、寝ている間に脚のツボを刺激して、脂肪燃焼効果があるという「着圧ストッキング」です。

ゆりさんは太ももとふくらはぎがサイズダウンしただけでなく、セルライトが除去されたのと、脚のお肉がやわらかくなった、ということも体感されています。

エクスレッグスリマーは「履いて寝るだけでやせる」と言われています(もちろん人によって脚痩せの効果はバラバラです)。

こちらでエクスレッグスリマーの効果や口コミの情報についてまとめてますので、ぜひチェックしておいてください。

⇒ 履くだけで痩せるストッキングの口コミとランキング!

当ブログからだと80%オフの価格でエクスレッグスリマーを購入することができます!

トレーニングしても三日坊主で続かない・・

いつまでたっても脚痩せできない・・

そんなあなたはコレに頼るしかありません!

寒い時期には冷えの対策にもなりますよ♪

 

数にかぎりがありますのでお早めに。

いつまでオトクに購入できるのかわかりません…

今なら在庫あり!

エクスレッグスリマー公式サイトはこちら

 

ヴィーネルアームシェイパー
で二の腕痩せ!

「二の腕を細くする方法がわからない…」
というあなたも、
ヴィーネルアームシェイパーなら
付けるだけで二の腕痩せの効果が!

暑い時期に服で二の腕隠すの
イヤですよね?

今なら期間限定価格で購入できます。
在庫切れする前にお早めに!








この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です