脚やせしたい!太ももが細くなるストレッチとは?

一度ついてしまうと、なかなか落ちない太ももの脂肪。

頑張ってダイエットしても太ももだけはちっとも細くならない、とお悩みの方も多いでしょう。

太ももが太いと、それだけで太ったたくましい人に見えてしまうくらい、印象を左右するパーツです。

脚やせできて太もも細くなるストレッチは無いのでしょうか?



ストレッチって?身体を伸ばす運動じゃないの?

ストレッチは、身体の筋肉を伸ばして、筋肉の柔軟性を取り戻す、いわば筋肉のコリをほぐすための運動です。

下半身のストレッチを行うことで、筋肉のコリをほぐし本来の弾力性をとりもどすことで、血液やリンパの流れも改善されます。

下半身のむくみが解消できることで、脚が細くなるだけではなく、基礎代謝が良くなりやせやすい身体つくりにもなるのです。



ストレッチをする時に気をつけること

ストレッチには、身体に反動をつけて行う「動的ストレッチ」と、反動をつけずにゆっくりと無理なく伸ばす「静的ストレッチ」があります。

脚やせに効果的なのは、筋肉をほぐす効果がある「静的ストレッチ」です。

ストレッチを行うときには、呼吸を意識することも大切です。

筋肉は息を吐くときに緩み、息を止めると固くなります。

無理なストレッチを行っていると、無意識に息を止めてしまいます。

これではストレッチ効果は半減してしまうだけでなく、固くなった筋肉を無理に伸ばしていることになってしまいます。

呼吸に意識できる程度の、無理のない程度から始めてください。



太ももに効くストレッチの方法

太ももの印象を左右するのは、内もものすき間ですよね。

内ももにすき間を作るストレッチをご紹介します。

  1. 仰向けになって、壁に両足を立てかけます。おしりが壁に付くようにできるだけ垂直になるようにしてください。
  2. 息を吐きながら10秒かけて、両足をゆっくりと開いていきます。内ももの筋肉が心地よく感じる程度まで開いたまま、深呼吸をしながら10秒間脱力してください。
  3. 次に、そのままの状態で、両内ももを軽く叩きます。手を握って、柔らかい親指の付け根のあたりで叩くと良いです。
  4. 息を吐きながら10秒かけて、両足をゆっくり閉じていきます。

まとめ

太ももを細くするためには、普段使われることが少ない内ももの内転筋を動かすのがコツです。

内転筋を伸ばして、血流が良くなると内もものお肉が落ちるだけでなく、代謝も上がるので太ももやせに効果が期待できます。

無理なく続けて、太ももやせしましょう。

 

【関連記事】

太ももを細くするのに効果的なストッキングがあります。

本当に脚やせに効果的なのか?

当ブログの専属モニターさんが口コミが本当かどうかを毎日検証してます!

⇒ エクスレッグスリマーの効果とレビューまとめ



この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA