脚痩せしたい!太ももを細くしたいならヨガがいいって本当?

脚痩せで太ももを細くしたいならばヨガがいい、という話を聞いたことがありますか?

太ももを細くしたい場合にヨガをすることと、脚痩せにヨガが果たして効果的なのかを検証します。

「スキニーパンツのように、脚のシルエットがわかりやすい」

「細身のパンツを履くときに一番嫌なのが、パンツにできたたくさんのシワ」

これらが気になるという人はいませんか?

前も後ろも、ムチムチとシルエットがくっきり、太ももの裏側にはシワが入ってますますお肉を強調している...

太ももがもう少し引き締まれば全然印象が違いますよね。



太ももは痩せにくい場所

太もも、特に内ももが引き締まっていて、足を揃えたときすき間があるとスタイルが良く見えます。

O脚の人もすき間はありますが、膝が離れていると逆に外に張り出して、脚は太く見えてしまいますので、ここでは膝が揃った美しい脚をイメージしてください。

実は、太ももは痩せにくく引き締めにくい場所です。

太ももや内ももが柔らかくムチムチしている人は、運動不足によって血流が悪く、むくんだり、脂肪が冷えてセルライトになっていることが多いです。

そんな人は、まず血流を良くして脂肪を燃焼させることが必要です。

身体を動かして、代謝を促し、余分な筋肉を付けずに程よい筋力をつけるのには、ヨガの動きは効果的です。

 

太ももの脚痩せにも効果的?

モニターさんと口コミを検証してます。

⇒ エクスレッグスリマーの効果とレビューまとめ



ヨガの運動効果

ヨガは呼吸法が大切です。深い呼吸をしながら、ゆっくりとポージングしていくので、有酸素運動の効率がとてもいいです。

有酸素運動と言えば、ランニングや縄跳びが推奨されていますが、普段運動習慣がない人には、結構ハードルの高いトレーニングです。

ヨガは、激しい運動ではないので、普段運動習慣がない人でもすぐできることも魅力です。

有酸素運動としての効率がいいので、脂肪燃焼効果が高いうえ、自分が引き締めたい身体の部分に合ったポージングを選択することができるので、部分痩せしたい人にはおすすめです。



太ももを細くするヨガのポーズ

太ももを細くするのに一番有名で、取り掛かりやすい「立ち木のポーズ」をご紹介します。

  1. 「立ち木のポーズ」はそのイメージどおり、立って行います。まずはきき足(ここでは右脚として書きますね)で立って、左の脚の裏を右脚の内ももに付けます。膝と床ができるだけ、平行になるように意識してください。
  2. 右足で踏ん張って、左脚でバランスをとりながらキープしてください。
  3. .膝と床を平行にしようとすると、股関節が痛いかもしれません。できるところまででいいので、股関節に無理がかかる体勢にならないようにしてください。
  4. 胸の前で両掌をつけて、合掌のポーズ。深い呼吸を吸って、吐いてを1セットとして5セットします。ゆっくりと両腕をまっすぐ天井に向けて伸ばします。
  5. 4.と同じように5セットします。
  6. 脚を変えて、同じように行います

慣れてきたら、できるだけこの一連の動作を、時間をかけて行いましょう。

まとめ

単純に体重を落とすことを目的とした、食事制限や置き換えダイエットでは、体重は減っても、痩せたい部分を目指したダイエットはできません。

ヨガを取り入れることで、食事制限ダイエットのようなリバウンドの心配もありませんね。

ぜひ、お試しください。

脚痩せにヨガは効果的ですが、さらに脚痩せを加速させるために加圧式のストッキングを試してみてはいかがですか?

こちらで「魔法のストッキング」といわれているエクスレッグスリマーの効果や口コミ情報が本当かどうかを実際にモニターさんに検証してもらってます!



この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA